エアコンについては使い捨て感覚で置いていくのもアリ

家電製品の中で、引っ越しに一番お金がかかるのがエアコンだと思います。

 

エアコンの取り外し・取り付けは素人には難しい作業なので、業者にお願いする必要があります。
付け外し合わせて1台2万円〜2.5万円が相場でしょうか。
※新居に持って行かない場合は、「取り外しだけ」みたいな対応もしてくれます

 

エアコンの引越し

 

エアコンを使い捨て感覚で!

14畳以上タイプになりますと、エアコンの価格自体が10万以上になりますので、2万円の移設費をかけてでも持っていった方が良いとは思います。

 

ですが、私は、エアコンは引っ越しが重なる間は、安い物や展示品を買って、引っ越し時に置いていくことにしています。

 

エアコンを新しく購入する際に、設置料がかかりますが、電気屋によっては、これをサービスしてくれる所があります。

 

私はヤマダで無料で設置してもらいました。
なので使い捨てでも、それほどコストがかからないのですよ!

 

置いていくという選択肢

私の場合は、エアコンは、よほど高い物でない限り、諦めて置いていく事にしています。

 

エアコンは、6畳タイプですと3万円台で購入する事ができますが、これを移設となると最低でも2万円はかかります。
取り外すだけでも5千円以上はかかり、それを自分で処分するにしても、今はリサイクル料金というのが1500円かかります。

 

こういった金額を含めてでも、メリットがあるエアコンの場合は移設を勧めますが、安いエアコンの場合は無料で置いていった方が得策だと思います。

 

逆に喜ばれる?

アパートやマンションの場合、古い物でない限り、置いていった方が喜ばれる事が多いですからね。

 

しかも、エアコンを置いていくと、購入して2年以内であれば、大家さんから敷金を多く返してもらえたりもするので、交渉してみる価値はあると思います。

 

また、最近のアパートは、元からエアコンが設置している部屋がウリだったりするので、そもそも自分で買う必要がない場合もあります。

 

一軒家でも

一軒家を売却した場合も、原則、家の中は空にしていかないといけませんが、購入された方から「すぐに生活できる状態にしていって欲しいのでエアコンは置いていって欲しい」との要望が多々あるそうです。(私もそうでした)

 

一軒家の場合、子どもがいたり、荷物も多くて時間がかかるため、引っ越した日から、すぐに生活ができる方が良いそうです。
真夏や寒い時など、引っ越しの時にエアコンがあると助かるという理由でした。

 

引っ越す場合の注意点

高層階の出窓での作業は追加料金が発生することもあります。

 

他に注意点は、引越し業者の多くはエアコン作業の専門業者に下請け発注をすることです。
下請け業者の日程の都合などがありますので、特に3〜4月の予約には時間的な余裕が必要です。

 

引越しまでに専門業者が来れないと、荷物とは別に発送せざるを得なくなり、新たに送料が発生することもあります。

 

取り付け時には、以下のようにほぼ例外なく追加料金が発生します。

  • 輸送するとどうしてもガスが抜けてしまうから、ガスの充填が必要です
  • 金属パイプは、一度取り外したものを再度使うと、故障の原因となります

料金は、パイプとガスの両方で1台1万円を超えることもあります。
(業者の小遣い稼ぎに感じるときもあります)

 

筆者は専門知識がなく、反論できずに毎回言われるままに支払っています。
購入後10年以上経過をしているエアコンなどは、付け外し+追加で3万円以上かかるならば、最新の物に買い替えを検討しても良いかと思います。


価格ガイドビッグ引越センターが最大 半額!

現住所の郵便番号 - 郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ 単身 家族 オフィス