家族向け!引越荷物の整理のコツ

引越業者にすべてお任せのプラン以外は、荷造りは自分自身でやることになります。

 

私の場合、転勤族の夫に付いていくので、転居するため毎回荷造りをやることになるので、今では慣れたものです。

 

そこで、引越歴8度の経験から「これは良いかも」と思う段ボール荷造りのコツが見つけたので、お知らせしたいと思います。

 

家族向けの荷造りのコツ

 

コツは全部で5つあります!

(1)使う頻度が少なく、重量のあるものから梱包しはじめましょう

使う頻度が少ないとは、例えば、

  • 書棚の本
  • 使っていない食器
  • 調理器具類

から梱包を始めるということです。

 

下駄箱の靴も季節物が多いので必要な靴以外は片づけておくよと良いでしょう。

 

後で使うかも、と思って片づけを躊躇する時は、「とりあえず」と書いた箱を2つだけ用意し、箱が一杯になった時点で使用しないものと判断し梱包するようにしましょう。

 

(2)梱包した段ボールは室内には積まず、廊下や通路の壁面から並べるようにしましょう

どうしてダンボールを廊下に並べるかと言うと、廊下は多少狭くなっても問題ないからです。

 

我が家の経験上、段ボールの小サイズを縦に、大サイズを列の両端に並べると綺麗な一列に整列できます。

 

また、通路の壁面に並べることで、安定感も増し、子供さんが多少いたずらしても倒壊の危険リスクもかなり減ります。

 

これが寝室やリビングなどにダンボールを置いてしまうと、掃除をするにも何をするにも邪魔に感じるので、あまりお勧めしません。

 

(3)クローゼット内の収容物は、クローゼット内にまとめましょう

クローゼット内の物は、次の新居でもクローゼットで利用することが多いものです。

 

実は、クローゼット内にあるハンガーに吊るされている洋服は、そのまま引越し業者さんがハンガーに吊るしたまま運んでくれます。

 

なので、ダンボールに梱包する必要はないのです。

 

ただ、そのまま丸ごと運んでしまっては芸がありません。
せっかくの引越しですから、1年2年着ていない洋服たちは、どんどんと捨ててしまった方が新居でも楽になりますよ!

 

(4)荷造りは引越しの2日前には95%まで終るように目指しましょう

仕事をしながらの引越しを数回経験しましたが、2日前までに荷造りがほぼ9割以上が完了させることを目標にしましょう!

 

なぜ10割を目指さないのか?というと、
引っ越し当日まで炊事など多少減少はありますが、ゼロにはなりません。
最低限の日用品などは片づけることが難しいからです。

 

ですから95%までを目標に荷造りを終えるよう頑張りましょう。
残り5%の生活用品で2日間は大丈夫だと思います。

 

(5)子供達の荷物は子供達が梱包するようにしましょう

引越も子供達にとっては良い経験です。
小学生くらいのお子さんであれば、ある程度自分の荷物を荷造りすることも可能です。

 

低学年のお子さんであればグループ分けをまず本人に任せ、箱詰めは親子で行うとスムーズです。
それ以上のお子さんであれば自分自身で荷造り出来ると思います。

 

引越しは自分一人だけではありません。
家族全員がそれぞれ出来る荷造りをすることでとてもスムーズに終わらせることが出来るのです。
荷造りが苦痛でたまらない方に、是非参考にして頂きたいと思います。


価格ガイドビッグ引越センターが最大 半額!

現住所の郵便番号 - 郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ 単身 家族 オフィス