郵便物の転送手続きはスマホからもOK

引越しの準備は、言ってしまえば、生活の中の細かいところまで全てが対象です。

 

引越しが決まったら、日常生活の中で気が付いたことを、チェックリストに書き出しながら進めていくと漏れが少なくなります。

 

郵便物の転送届

郵便物の変更届を出しておくと、1年間旧居に届いたものが転送されます。

 

郵便物の転送

 

ただ、銀行から届く「更新ATMカード在中」のような場合は転送されないものもあります。
上記のような金融関連は、確実に届くようにしておきたいので、ネットバンキングを開いた時についでに住所変更しておきましょう。

 

新居に転送された郵便物を見て

引越し後、どんどんと転送されてくる郵便物やダイレクトメールをよく見て、この機会に、

  • 退会したいダイレクトメールには連絡
  • 住所変更が必要な相手先には変更届

を順に出していきます。

 

1年後に転送期間が終わっても、郵便局に届ければ1年更新ができますが、やはり住所に関してはきちんと変更や解約する方が、気持ちもすっきりします。

 

お申込み方法

郵便局に置いてあるハガキかインターネットから可能です。
1度の申し込みで家族6人分まで登録できます。

 

開始期日を指定できるので、早めに備えると安心です。
私の場合は、引っ越し日の1週間程前に、直接、郵便局に行って手続きを行いました。

 

例外指定もOK

例えば、自分だけ転居して、家族はそのまま旧住所に住み続ける場合も、そのような例外設定ができます。

 

スマホからもOK

  1. スマホで該当ページにアクセス
  2. 必要事項を入力して送信
  3. 指定の転居届受付確認センターに、サイトの必要事項で入力したスマートフォンで電話をかける
  4. 音声案内が流れる(確認のために携帯電話番号を取得している)

という順序で手続きを進めていきます。

 

窓口に行った方が確実ですが、スマホからでも、たったこれだけで手続きを済ませられます。


価格ガイドビッグ引越センターが最大 半額!

現住所の郵便番号 - 郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ 単身 家族 オフィス